iPhoneを壊さないためには耐衝撃ケースガラスフィルムは必須

以前iphoneを落としてしまい、その衝撃で液晶画面にヒビが入りました。その時のヒビは線が二つ入ってるいる程度のもので、故障とまではいかない状態です。しかしiphoneを使ってるうちにヒビは広がっていきます。そして再度iphoneを落とした時に別の場所にヒビが入ります。このヒビも大きくはなかったものの、使ってるうちにヒビは大きくなります。結果、画面上部の文字が見づらく成る程のヒビワレとなり、このまま使い続けるのは困難となりました。

iphone液晶画面です。特に液晶画面の上部のヒビワレが凄く、液晶画面上部は文字や画像を確認出来なくなる程でした。さらにヒビワレ部分からガラスの破片のようなものが出てきたのか、ビビワレ部分を触るとザラザラするんです。これはそのうち指に傷をつけてしまうだろうし、下手したら目に見えないぐらいの小さな破片が傷口から入ってしまうかもと不安になりました。

地元にあるスマートフォン等のリペアショップへiphoneを持ちこんで修理しました。私はiphoneの補償に入っていなかったので、それならリペアショップの方が安く済みそうだと思ったからです。まあ早い話、業者へ依頼したので私自身は修理にかかわってはいません。自宅のPCでスマートフォン修理を受け付けているお店を探し、ウェブサイトでおよその費用を調べました。その際に地図アプリで店までのルートを把握し、車で移動してiphoneを持ち込んで修理を依頼しました。ですので自分では何もしておらず、業者任せです。そして業者を調べるのは自宅のPCを使い、ネット回線は自宅のwifiルーターを使用しました。修理を終えたという連絡をもらってから、iphoneを受け取りにいって支払いを済ませ、修理を終えました。

耐衝撃性能の強いiphoneケースを購入する、耐衝撃性能の強い強化ガラスをiphoneの液晶画面に貼るといった方法がまず挙げられます。これは費用はかかるものの、すぐに効果が出るので最も良い方法だと思いますし現在もこの方法は実施しています。出来れば強化ガラスに関しては予備も購入しておくことをお勧めします。あとはiphone取り扱い意識の改善です。結局今回の修理で結構な費用がかかってしまいましたし、正直無駄なお金ですし修理の手間もかかりました。さらに修理するまでヒビわれた液晶のiphoneを使ってるのはカッコ悪いとも感じました。ですので同じような状況にならないよう、iphoneを手荒ではなく丁寧に扱うという意識を持つ事が重要な対策方法だと思います。

店舗外観写真を見た感想です。入口付近に待合席を並べてくれているのは助かりますけど、これは逆に店舗外までイスを用意しないといけない程混雑するお店なんだという印象を受けました。
次にフリーダイヤルの表記が小さいと感じました。電話対応するのは手間なのかもしれませんが、今の時代通話料金なんてかけ放題です(こちらのお店はフリーダイヤルなんでかけ放題プランじゃなくとも無料ですが)。ですのでサクっと電話した方が予約やiPhone修理について聞けると思うんですよね。でもそういう点を重視していないような印象を受けたので、残念に感じました。
費用面についてはほとんど記載されていないので、判断不可です(悪い意味で)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です