iPhoneの保護はフィルムよりもガラスコーティングの方が良い!?

iPhoneのガラスフィルムにはデメリットもある

最初に私がスマホのガラス画面に傷がついてしまった出来事としましては、日常で使用しているテーブルの上から落下させてしまったことでありました。そこから保護フィルムを貼って対処するようにしたのですが、保護フィルムの欠点としまして、時間が経過すると画面が見え辛くなったり、タッチ感度やツルツル感が損なわれたり、また、貼るのが難しく画面とフィルムの間に気泡が入りやすくなります。更に指紋や汚れが拭き取りにくいこともありますので、結果的に傷をカバーするのには繋がりませんでした。

コーティングという新しい手段

私は最初、スマホを落としてしまう癖から、保護フィルムを貼っておりましたが、それだけでは、不十分であると言うことがよくありました。その上で、私は、スマホでのガラスコーティングに注目する形になりました。スマホのガラスコーティングのメリットとしましては、画面が強化、保護されること、指紋や汚れがついてもふき取り易くなること、光沢感がアップしまして、画面映りがよくなることが挙げられます。更に3年以上も効果が持続するので大変良い状態を維持できます。

国内でのおすすめはG-PACK

私が実際にスマホでのガラスコーティングを把握した上で、実際にガラスコーティングを活用してみることにしたのですが、まず、コーティングしたガラス層は厚くなり、ガラス層は時間が経過するにつれて厚くなり、施工時では、鉛筆硬度4Hでありますが、一カ月後には、日本最高硬度9H以上(鉛筆引っ掻き硬度(JIS規格))まで硬くなる内容に衝撃を受ける形でありました。時間が経過する毎にスマホの強度がアップする内容に圧巻される形でありました。更に、指紋や汚れが付きやすくなる内容も使用していて納得でありました。更には光沢感がアップして、画面映りが良くなる内容は、こちらについても実際にコーティングしてみて実感できる内容でありました。このことから、周りにスマホでのガラスコーティングを推奨したいと思いました。

まず、G-PACKとしましては、日本国内で生産されている安全なスマホコーティングサービスであることに信頼感を覚えることができます。G-PACKは、新しいスマホのガラスコーティングであります。他の製品での使用例としましては、国内で生産されている新幹線や、飛行機にも使用されておりますので、G-PACKの信頼性を更に高めてくれる形となります。また、強度としましては、最高の強度であります10Hでありますので、日常生活での落下させた程度では、傷は付かないと言う形になりますので、私にとって必需品になるアイテムであると思いました。直径2cmの鋼球を落下させた試験にも合格しておりますので、耐衝撃性も確保される形となります。施工にかかる時間はわずか15分でありますので、G-PACKで安心したスマホライフを過ごして行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です