XMの口座タイプは「スタンダード口座を選ぶべき!」3つの理由

XMの口座タイプは「スタンダード口座を選ぶべき!」3つの理由

①超少予算のユーザーしかマイクロ口座に価値はない

スタンダード口座とほぼ同じのマイクロ口座ですが、その違いは最小ロットの違いだけ。
スタンダード口座でも十分に小さな額で取引できるので、わざわざマイクロ口座を開く必要性はないと思います。

1ロットの大きさが変わればpips当たりの損益も変わってくる
もう少し具体的な話をしていきます。
1ロットの大きさが変われば、それぞれのpips当たりの損益も変わってきます。

ちょっと難しい言い方をしましたが、要するに、1度の取引で発生する損益の大きさが変わるということです。
例えばスタンダードの場合は、1ロットの取引→10万通貨の取引→1pip当たり1,000円になります。
100pips取ることができれば利益は10万円ということですね。

それに対しマイクロの方では、
1ロットの取引→1,000通貨の取引き→1pip当たり10円。
100pips取ることができれば利益は1,000円になります。

同じ1ロットの取引で同じpipsを取ったとしても、スタンダードでは利益10万円なのに対し、マイクロでは1,000円しか得られません。
このような差が出てきます。
こうやってみるとかなり大きいですよね。
この差は利益だけではなく損益にも当てはまり、マイクロの方が「利益が出にくく・損失も少ない」という口座になっています。

②ZERO口座のコスト(スプレッド+手数料)は低くない

名称が「ゼロ」口座なので、安いように感じるが手数料は10万通貨で5USドル取れら、スプレッドも狭いもののゼロという訳ではありません。ただ、コストだけを見た場合はスタンダードより少しだけ安くはなります。

③ZERO口座はレバ500倍でボーナスなし&CFD取引なし

少しでも手数料が安いのであればZERO口座の方がよい、と思った方もいるかもしれませんが、手数料の差以上にデメリットがZERO口座にはあります。

取り扱い通貨ペアが少なめ
XMゼロ口座では57種類の通貨ペアおよびコールドとシルバーの取引ができます。
しかし、スタンダード口座なら57種類の通貨ペアの他にコモディティ・株式・仮想通貨などもっと幅広い取引ができます。
コモディティ先物CFDなどの取引希望の方は、ゼロ口座とスタンダード口座の両方を開設するのがベスト。

FX初心者または小口投資家向け口座タイプXM「マイクロ口座」
XMマイクロ口座は予算額が小さい投資家向けに設計されています。
小ロットでの取引ができるので初心者の方にオススメです。
マイクロ口座の特徴
・レバレッジ:888倍
・口座開設ボーナス:3000円
・入金ボーナス最大:50万円
・1ロットあたりo.33ドル~o.66ドルのXMポイント獲得
・最低入金額:500円~

まだXM口座を持っていない方にはおすすめできる口座になります!ぜひ検討してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です