新築一戸建て選びチェックリスト!これでもう失敗しない

これで完璧!新築一戸建てを選ぶ際のポイント
まずは新築一戸建ての選び方で重視したいポイントを押さえましょう。

信頼できる販売会社を選ぶ
選び方で最初に気をつけたいことが、信頼できる販売会社を選ぶことです。
小さな会社から全国展開している大きな会社まで、企業としての規模は様々でしょうが、
住宅は買うまでより買ってからの方が重要です。アフターサービスや保証の点、その会社ならではの対応などを確認して選びましょう。また、外構、外壁、水回り、基礎、地盤など保証内容も会社によって様々ですの事前に確認しておきましょう。

購入エリアを絞る
新築一戸建てをどこに建てるかという購入エリア選びは、将来的な生活にも影響を及ぼすポイントです。例えば夫婦2人だけの世帯の場合、スーパーやコンビニまでの距離、駅、職場までのアクセスの良さなどが重視されますが、将来的なことを考えると、小中学校や高校などの教育施設も近いほうが安心できます。また、通勤のための交通手段が車だった場合、駅から遠い車通りの少ないエリアのほうが自宅の駐車場への出入りが楽になるケースも考えられます。生活パターンに合わせて考えることで選択肢もひろがってくるでしょう。

希望の間取りを決める
間取りは住宅の使いやすさを大きく左右するため、希望する間取りを明確にしておくことをおすすめします。間取りをスムーズに決めるためには、こだわるポイントを決めておくと良いでしょう。収納スペースがたくさんほしい、広いリビングがほしい、キッチンを広くしたいなど、こだわるところを決めておけば、それに合わせた間取りを考えることができます。

周辺環境・立地・駅までのアクセス
住みたいエリアの候補を複数あげてみましょう。エリアを決めるときに考えたいことは、交通アクセス・周辺環境・治安防災などです。購入後に賃貸や売却の可能性のある人はある程度資産価値について考慮しておくのが望ましいでしょう。

交通アクセスについては、家族一人ひとりの通勤や通学に便利なエリアかどうかを考えるといいでしょう。それぞれの経路を確認し、距離や時間など許容範囲のエリアを確認します。また、地域により駅からの距離で選べる物件がかわることもあるでしょう。徒歩で通うのか、バスや自転車を利用するのかなど、日々の生活をイメージしたうえで不都合のないエリアを選びましょう。夫婦でどちらの実家に近いほうがいいのかなども必要に応じて話し合うといいでしょう。

周辺環境は、重視するポイントやどのような暮らしがしたいかによってかわってきます。利便性の高い立地がいいのか、多少は駅や都心から離れても緑が多く専有面積にゆとりのあるエリアがいいのかなどについて、家族とよく話し合いましょう。

小さな子どもがいる場合は、保育施設・教育施設・公園・遊び場があることが大切です。よく使うお店・施設・病院などがある人は、暮らすうえで何が近くにあると便利なのかも確認しておきましょう。

高層階の新築マンションを選ぶ人のなかには、景観がひとつの選択基準になることもあるようです。周辺に川や海などの水辺があるとリラックスできる人もいるでしょう。求めるものは人それぞれです。後から後悔のないように、何が必要なのか家族で意見を出し合いましょう。

新築の戸建をネットで調べるときには、東京 三鷹 新築 戸建て、立川 新築 戸建てなど住みたい地域を具体的に入れて検索をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です